スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガディー

2010年09月03日 12:35

          ガディーショール


インドの布を扱うお店で取り扱ってる、綿のガディーショール

90×200㎝の大判だが、とても軽い

現地インドでは頭に巻いたり、肩にかけたり、赤ちゃんのおくるみにするそうな

お店のスタッフさんが

「バスタオル代わりに使ってますよ。吸湿性抜群で室内でもすぐに乾きますよ。」と教えてくれた

ガディーとは手紡ぎ・手織りのこと

さっそくバスタオル代わりにつかってみると

まずは吸湿性のよさに驚く

バスタオルだと、けっこう何べんもゴシゴシ拭かないと水分が取りきれないけど

ガディーだと1度ですむ

そして速乾性抜群

洗面所のタオル掛けにかけておくだけで、朝にはスッキリ乾いている

で、先日のお盆帰省のときも持っていきました



主人の実家は山間に立つ家なんで、洗濯物が乾かない地域

毎年、風呂上りに使ったバスタオルがなかなか乾かないのがイヤだった

でも今年はこの悩みも解消されました

おまけにこのガディーショールは畳むと小さくなるので荷物になりません




          ガディーシーツ



もう1つ、こっちは別のインドの布屋で買ったガディーシーツ

やはりお店の人が「タオルケット代わりに使ってます」とゆう言葉で買ってみる

ここのところの熱帯夜地獄でタオルケットも肌掛けもかけてられません(汗)

でもお腹あたりには何かかけていたい

そんなときにこのガディーシーツはピッタリ

まるでなんに掛けてないような感じ

タグをみると・・・・・・・・・・Khadi cotton 100% HAND SPUN & HAND WOVEN Made in india

シーツのままで使うと大き過ぎるので半分に折って4隅をチクチク

もちろん、お洗濯しても短時間でかわいてしまいます


そもそも湿気の多いアジアではタオルって不向きじゃないのかな?

乾燥した欧米にこそタオルがあってる

子供のころ明治生まれの祖父と一緒に生活していた

祖父は手拭い1枚で1日を過ごしていた

朝は顔を洗い、脱ぐって干して乾かし

お手洗いに行ってはその手拭いで手をぬぐい

夜、その手拭いを持ってお風呂にはいり体をあらい

固くしぼったその手拭いで体をふき、綺麗に洗って

乾かし・・・・1日をしめくくる

祖父が過ごしていた部屋の縁側には、いつも同じ手拭いがユラユラ風にたなびいていたのを思いだします


う~む、なんの疑問なくしてたタオル生活

タオルって日本の気候風土にあってないんじゃないだろうか・・・・

そろそろ終止符か!










スポンサーサイト

リバティープリント

2010年05月10日 20:07

  リバティー


花柄ってどうも・・・

でもリバティープリントは好き



今また最注目されているようですね


          電気スタンド


結婚祝いでもらった電気スタンド(かれこれ30年近く前!)

だいぶ色あせてしまいましたが、リバティーなんですよ


18歳のころ洋裁を勉強してました

そのころ友人が黒のモスリンでステキな花柄のワンピースを縫ってた

そのワンピースがあまにもステキなので

どこの生地屋さんで買ったのか教えてもらいました

その生地屋に行って、あのプリントがリバティーであることを知りました

当時でも5000円/mしてた記憶があります

貧乏学生だった自分には、とても買えるような生地じゃなく

ただただ眺めて溜息をついて帰ったことが昨日のように思い出されます(笑)

今、冷静に考えるとあの細かい花柄が奥二重のでモッサリ型のワタシに似合うはずもなく・・・

買えなくて良かったのかも(汗)


今また豊富に店頭をかざるリバティーの花柄をよく観察しみると

リバティーの花柄っていかにもって感じじゃないのがいいのかも

かなり意匠化されていて、花柄ニガテでも行けると思う

お値段も昔と比べると買い易いお値段ですね

タナローンタイプだけでなく、昔のようにモスリンタイプもあるといいな

英国に行くようなことがあれば・・・・リバティーハウスに是非たちよってみたい




  ウイリアム・モリス


リバティーで思い出したけどウイリアム・モリスのプリントも好き

リバティーと比べると、グッと大人っぽい印象

日本国内ではお店が無くなってしまったようですね

残念です

画像はもう20年近く前にモリスの薄手コットンで作ったシャツ

何度も洗って擦り切れてますが、好きなのでジーパンにあわせて家で着てます

なんか捨てることができません









最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。