スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川越さんぽ

2007年03月28日 23:20

時の鐘毎月28日は川越成田山骨董市
sakaeさん、naoさん、yuriさんと本川越駅前に10:30に待ち合わせ
しかし、なんとこの日は天皇・皇后両陛下の川越訪問日!
本川越駅前は黒山の人だかりで、なかなか皆さんとお会いできず・・・
ワタシが遅刻したせもあるけれど(すみません・汗)

ようやく皆さんのお会いできて成田さんへ向かいましたが、なんと骨董市も撤退中(><)12時まで
やはり、街中が規制線はられてました~

太陽軒で喉もかわいたし(暑かった~)太陽軒
お腹すいたしでランチタイムへ
成田さん近くの「栄」は本日貸切でダメ
「太陽軒」で昼食タイムとなりました
→は太陽軒の窓のステンドグラス



栄屋 はいからや はいからや



阿波しじら昼食後は「栄屋」さん「はいから屋」さんでお買い物タイム
ワタシは阿波しじらのキモノを1000-でget
すでに紺系のチェックと縞は持っているんですが、真夏に着ても涼しいキモノ
半衿無しで浴衣としても着れるし、半衿してちょっと街までもOK
去年の夏は阿波しじらを着て幕見席で歌舞伎を堪能しましたっけ
生成り地の阿波しじらは骨董市でもなかなか見かけないし、あったとしても状態が悪いんですが、
状態もいいし~で買ってしまいました
コレにバティックの帯しめたら・・・う~ん頭の中はすでに夏気分(汗)
皆さんもそれぞれにお気に入りを見つけたようで、
キモノだけじゃなく、芋菓子、漬物、ホワイト餃子で両手大荷物となってしまいました。

皆さん暑いなか、たくさん歩きましたね~お疲れ様

根付最後にyuriさんから頂いた、手作りの根付をUP
先日の「君野倫子さん、ひな祭りキモノで遊ぼ」のイベントでバラのコサージュをご伝授いただいたのがyuriさんです。
ありがとう!




PS:川越の創作漬物・河村屋さん
ワタシはネギの醤油漬けを買ったんですが、美味しい!
お勧めです。



スポンサーサイト

キモノ日記@川越

2007年03月28日 23:18

朝から良い天気
日中は昨日の寒さは何だったの?と思うぐらいの暑さ
午後は涼しい風も吹いてきて、キモノ散歩にはピッタリ

本日のコーデ
キモノ日記3月


キモノ:5年ぐらい前にリサイクル店にてgetした藍大島
    軽くていい感じ
    カタバミ柄なのかな?
    泥大島よりも人気がないのか、かなりお安かったです

帯  :骨董市で一目惚れした雲流文様の羽織(800-ぐらいだった)
    あまりにも状態が悪いので帯にリメイクしました
    2部式にして、半幅のみでもこしらえが出来るように工夫

羽織 :濃いピンクの羽織
    原宿の川野さんで3500-だったかな

小物 :手作り羽織紐

あれ~

2007年03月27日 08:37

今縫ってる黒地の単衣のキモノ黒地紬
洗い張り物の仕立て直しなんで、衿丈が足りない
掛衿は100センチは必要だから、中の衿に別布を足して仕立てることにする

で生地屋さんへお買い物(^^)





黒地の木綿を衿用に少々買って・・・・
あれこれ見ているうちに
これ見つけてしまった~

服地

どうすんのよ~
200-/mだったんで、5メートルも買ってしまった
ポリ90%、ウール10%冬物生地だけど、軽くて春物にもOK
アハハ、いった誰が何時、何を作るってゆうの????
もうまったくワタシったら昔の病気が再発だわさ
たぶんね、ここ3年ほど服を買ってないからなんだ・・・
キモノのほうが安いこともあるし、着たいな~と思う服はベラボウに高い!
そして憎きは体型!!!!
なんだかシマリのない中年オバサン体型にまっしぐら(笑)

生地を前にして「ああ」と溜息をついてるワタシでした(><)

薪ストーブ

2007年03月21日 07:50

薪ストーブ


なになに薪ストーブ特集!
普段は見るだけの雑誌だけど、買ってみた

東北の相方の実家は山の中
暖房はもちろん薪ストーブ!なんせ半端じゃない寒さですから~
これがあったかいんです~
家の構造にもよるけれど、1台で家全体が温まることも・・・

薪2~3本もくべるとTシャツ1枚でもよいくらいです

雑誌にはカッコいい欧米化!のストーブが紹介されてます。

ワタシが目をつけたのはキッチンに置く薪のレンジ台
薪で料理をするなんて夢があっていい
アハハ料理の腕にもよりますが・・・豚に真珠かな~

キモノ日記@ちょいとお出かけ

2007年03月19日 23:04

ちょいとお出かけ
ああ独りですが~キモノ着て出かけました
風が強くて躊躇しましたが、下前をいつもより上げ気味に着付けたら
あんまり裾の乱れももなく歩けました

本日のキモノ
キモノ日記3月

キモノ:今シーズン何度も着たウール
    鴻巣リサイクルキモノ屋さんで2000-だったけれど充分モト取りました~
    
羽織 :3年前に池袋古着市で3000-
    春になると何故か乙女カラーを着たくなる~
    
羽織紐:使わないネックレスをばらしてリメイクしました

半幅帯:なんにでも合う重宝帯
    この日もカルタ結びしました
    用心のためオレンジの帯締めをしましたが、解けなかったです(汗)
    帯ほどけ事件の詳細はコチラ(笑)


三月大歌舞伎

2007年03月17日 23:50

今月の歌舞伎座は通狂言 義経千本桜
通しですよ~通し!こんなチャンスめったに無いですね

しかしなんだかな~
好きな役者さんも出てないし・・・
ちょっと足が向かない

それでも「すし屋」~「奥庭」は仁左衛門&菊五郎&福助だから観ようかな
てなもんで、幕見席で観劇してきました
三月大歌舞伎


■すし屋
どうしようもないヤクザな息子・いがみの権太(仁左衛門)
金のためなら非情な行動もいとわないヤツかと思えば・・・なんとも実は情け深い仁義をもった権太でした
お話の内容を予習していかなかったので、幕引きは感動しました
権太の妹役お里は仁左衛門さんの息子(考太郎)でしたね
この方、華は無い(失礼・汗)ながら踊りも所作も上手い役者さん
いつもその演技に見入ってしまいます
親子で兄妹を演じていたわけですが・・・親子とは思えない(また失礼・汗)

■大詰 川連法眼館 奥庭
勘三郎さん襲名公演でもやってましたね
たしか勘三郎さんが狐になって宙乗りしたとか
残念ながら見逃していたので、今回観てみました
ところが菊五郎さん演じる忠信は代々音羽屋独自の演じかたで宙乗りはしないで、義経を守る舞台となっていました

菊五郎さんの狐の動きにも軽快で、とても○○才とは思えない
福助さんもいつものオキャンな女性ではなく、静御前をしっとりと演じてましたね

あ~疲れた(^^;
この義経千本桜は通しで観ると膨大な時代絵巻
ちょっと、体力つけてないと昼~夜通しは無理
隣や前にいた若い歌舞伎ファンは身を乗り出して舞台を観てましたっけ・・・
隣でコックリなワタシでした(汗)相方も~



キモノ日記@歌舞伎座

2007年03月17日 23:15

今年の3月は寒いですね~
キモノコートをクリーニングに出さないでおいて良かった
手袋もアームウォーマーも襟巻きも大活躍中

本日のキモノ
キモノ日記3月


キモノ:母の普段着
    合繊の単衣だけど、あたっかい
    春なんでサーモンピンクを着てみました
羽織 :国際フォーラム骨董市で1000-
    去年に買ったお気に入り
半幅帯:コルソ骨董市で1000-
    5年ぐらい前に買ったもの
    黒地の半幅が1本あると重宝します
その他:帯留めは吉祥寺のリサイクル屋で800-だったと思う
    翡翠色のガラス製
    エンドウ豆みたいじゃないですか
    春のポイント
    羽織紐はいつもの手作り品

幕見席なんで普段着の組み合わせ~

今日は外国人のかたがキモノで歌舞伎座観劇をなさってるのを見かけました
どうみても訪問着のようなキモノに無地場が多い羽織
彼女はなで肩で、とてもキモノ姿が似合ってました
なで肩のかたがうらやましい~

菊一文字

2007年03月16日 20:10

最寄のデパートで京都物産展が開催

京都には魅力的なお店が多くて・・・毎年行きたい所

でもそれは無理だわ

物産展にでも行って気分を味わおう

京都物産展で必ずチェックする店も決まってきた

伊藤組紐店(三分紐)、菊一文字(鋏)、はれま(ちりめん山椒)、ないとう(草履)、みすや針、

ないとうの草履なんて目の保養だけですが、いいですよね

今回は菊一文字の握りバサミが欲しくて行ってきました

欲しかった鋏はコレ↓
蕪鋏

このフォルムにひかれます~

聞けば「蕪鋏」(かぶらばさみ)とゆうそうな・・・確かにカブだわ

しかし、無かったんです

ステンレスみたいのはありましたが鋼製のは持ってきてないことでした

ココのお店の特徴は「切れなくなったら研ぎも受け付ける」こと

握鋏ってすぐに切れなくなるから、こんなサービスは嬉しい

やはり京都まで行かないと駄目か~

あんず大福

2007年03月16日 20:07

あんず大福

以前にも書いたけれど、甘酸っぱい和菓子が好み

この あんず大福も美味しそう!

普通の大福餅より一回り小さい

一口でOK?ちと無理?(汗)
あんず大福2


HPをみたら、なんと歌舞伎座2階でも販売してました~

2階ってほとんど行かないから盲点でした~




リメイク長襦袢

2007年03月14日 07:25

何が苦手って昔からピンクが駄目
顔とジャストしてないからだと思う(^^)
しかし着物を着るようになってからは、いわゆるサーモン系はOK

着物もだんだん増えると、長襦袢も1枚とゆうわけには行かない
袖が長いの短いの、裄が長いの狭いの
その上、この着物には寒色系、こっちの着物のは暖色系
さらに袷か単衣かで、合わせる襦袢のほうもバラエティーがないと困る

ワタシの場合ピンク系の襦袢がなくて困ってた
で、作ってみました
長襦袢 よ~く見るとなんだか変
 そうです、お袖が左右違う
 左は45センチ、右は52センチに対応できるようにお袖を2組つくりました
 (撮影用に左右違えて、撮ってみました)
 この襦袢、じつは十三参りの振り袖だったのです(いただきモノ)
 解いてみてビックリ
 ちゃんと大人サイズの布が中に縫いこまれていたんです
 裁ち板にのせて測ると165センチぐらいの身長にも対応できる布でした
こうやって昔の人は成長にあわせて仕立て直しやら染め替えをして一生たいせつに着たんですね

青海波このまま色無地の着物としては着れないし
地味な色目に染めたとしても大きな青海波の綸子模様がちょっとね~
で、もったいないけど長襦袢にしてみたわけです
生地もしっかりした綸子なので袖・身頃ともに単衣の長襦袢にしました
お袖を2組つくると身頃が足りないので、共生地の裾回し(ぼかし)を上半身にもってきました
ちょっと変わった長襦袢ですが、こんなリメイクいかがですか?

日本最古の芝居小屋「康楽館」

2007年03月11日 23:59

9日夜・フジTV「日本中が泣いた笑った中村勘三郎・襲名公演 家族が支えた664日の全記録」、御覧になりましたか?
ワタシは東北にある相方の実家で見ておりました

番組冒頭に出てきた日本最古の芝居小屋「康楽館」
勘三郎さんの襲名興行はここから始まったのでした
調べると、ココからそんなに遠くはない地
これは行くっきゃないでしょう!(毎日実家の掃除ばかりじゃね~)
とは言っても電車を乗り継ぎバスにゆられて3時間近くかかる(汗)
しかし、東京から行くことを考えたら近い!チャンスです

あいにく東北は低気圧につつまれ雪
3月ですが寒い寒い

正面 外は洋風建築、中は和風建築
 ここの芝居小屋の特徴だそうです
 



座席1 1階席300、2階席300-、計600名も入れるそうです。
 回転舞台装置も明治のままにありました
 この日は地元の踊りの会が練習の真っ最中


 
花道 花道ですよ~ 
 役者と客が近い!
 ちゃん~とスッポンもあり



座席2花道 2階から花道を写す
 なんとなくコクーン劇場を思い出す




座席3花道 2階席から下花道を写す
 ちょうど昼時でしたが、観光客は我々のみ
 ちゃんとガイドさんが案内してくれますよ



2階桟敷席1 もちろんマイテリトリー天井桟敷席(笑)をチェック
 おお!いいですな~6列ありました
 
 ガイドさんは黒子の衣装で決めてます


2階桟敷席2 2階席の敷居
 今なら「下のお客様へご迷惑になりますのでペットボトルなどを置かないよう・・・」なんてアナウンスがなりそうですが
 当時はこの溝へ煙草盆をおいたそうです
 

楽屋 楽屋裏です
 壁とゆう壁に歴代役者さんたちのサイン&いたずら書きが~
 これって貴重だよね
 ここもTVに写りましたよね





ココは十和田湖から30分ほどらしいから、十和田観光のおりに合わせて観光されるといいかもです
画像をクイックすると大きくなりますよ~



[日本最古の芝居小屋「康楽館」]の続きを読む

主なき実家問題

2007年03月09日 06:23

東北の山あいにある相方の実家
先だってまで義理兄が独り住まいしてましたが今は入院中なんで主なき状態
男やもめにウジがわくとはよく言ったもので実家は今や危機状態
ヘヤは煙草のヤニで真っ黒、カーテンも真っ黒、床にはモノが散乱し、何かがこびりつき、床が湿気で抜けそう
お仏壇はホコリをかぶり~
台所は語るのもイヤな状態
庭に出てみれば長年積もりに積もった落ち葉が腐葉土と化してた・・・

このまま放っておいたら、朽ちてしまう
かといって遠距離なんで、そう何度も行けない
行くのにも交通費なるものが度重なると、家計が火車状態
若い頃は車を飛ばして行ったものですが・・・最近は無理もできない

そんな時、いいもの見つけた
CMで吉永小百合さんがでてる「大人の休日倶楽部・ミドル」
会員になると年4回12000-でJRが乗り放題
まともに交通費を払うと往復で25000-は散ってしまいます
CMでは熟年夫婦が高級温泉で楽しんでる設定ですが、目的は自由なんで使わない手はない
ただちょっと難点なのが使える期間が限定されていて、正月・お彼岸・盆・暮れをはずしてる
う~ん、でもいっか~おおいに使わせていただきます
なお、初年度は会費が無料
半世紀組にはお得ですよん

盆は長く休みが取れそうなんで車で行き
暮れは夜行高速バスを使い
春・秋のお彼岸前と5月は大人の休日パスを使うことにする
ちなみに5月は1日乗り放題6000-ですと
これで年5回は実家詣でができます(ハ~しんど!)

ワタシ。四男と結婚したはずなのにな~どうしてこんな事になっちゃうんだろう???
今日から11日まで、また行ってきますわ~
お彼岸前までに綺麗にしないと、お坊さんに合わす顔がありません(汗)

君野倫子さん出版記念イベント「ひなまつり着物で遊ぼ!」

2007年03月06日 22:20

どうも暖かくなってくると、身体がだるい・眠い
更新も遅れ気味です(汗)

ようやく、3日に行ってきた君野倫子さん出版記念イベント「ひなまつ着物で遊ぼ!」UPです

ワンコイン(500-)で手芸、かるた(アタックナンバーワン)、扇投、試食コーナーなどなど楽しんできました
はずれ無し、参加者全員に賞品があるのもいいですね

飴 棒切り飴
 先着50名様限定モノ
 よく見ると、倫子さんの似顔絵が~





圧縮フェルトの針刺し かるた大会の賞品
 圧縮フェルトの針刺し
 素朴なかんじがいいですね~
 かるた大会では1枚もgetできず(汗)・・・どうして?

 
椿オイル いただきモノ
 1度試してみたかった






ブレス 投扇興での賞品

 投扇興ってご存知ですか?
 よくTVの時代劇なんかにでてくるお座敷遊びです
 扇子を1.5メートル先に置いたマトに当てるゲームみたいなもの
 今回はじめてtryしました
 ところがマトにはなかなか当たらない
 マトの落ち方や扇子の落ち方によって点数が違います
 や~奥が深いお遊びで、ちょっとハマリそう(汗)
 骨董市でこのセットを見たような・・・

半衿 投扇興での賞品
 ししゅう半衿です
 ひょっとして、手刺繍?
 好みの渋カワ配色でラッキー!





バラのコサージュ 手芸コーナーで作ったバラのコサージュ
 おお!こうやって作るんだ~はじめて知りました
 生地を変えて作ると違う表情が・・・

 てなわけで、楽しんでまいりました~
 sakaeさんお誘いありがとうございました

キモノ日記@ひなまつりは着物で遊ぼ!

2007年03月06日 22:18

ポカポカ陽気でコート無しでもOK
ひな祭りイベントなんで、どこかにピンクを使うコーデを考える

本日のキモノ
キモノ日記3月

羽織:6年ぐらい前に平和島骨董市で買ったもの
   サーモンピンク地に変わった柄の染め
   一目で気に入って、自分サイズに仕立て直す

キモノ:今シーズンは何度も着た黒地に青の一本独鈷柄
    浦和骨董市で300-なんて、今でも信じられない

半幅帯:サーモンピンクの半幅

その他:箸置きに金具をつけて作った帯留め
    以前に作ったネックレスの羽織紐版

(追記)
この日の朝、最寄り駅までルンルン気分で歩いていると、
なにやら足の後側にあたるものが・・・
振り返って、かかとあたりを見ても何もない???
「気のせいか」と歩き出すと、またあたるものが。
ふと通りのショウウィンドウに目をやると~-;:」p「@\\/.
ギャ~帯が・・・・解けて羽織のしたからダラリン!!!!
ショック!!!!
あわててタレを引き上げて、取りあえずは胴に挟んで駅まで何事もなかったように歩きました。
幸い、帯締めをしてたので胴の部分は無事でした(ホっ)
ああ~恥ずかしい
この日はひさびさに半幅で「カルタ結び」をしてたんですけどね~
なぜか解けました。
こんなこと初めてなんで、あせった~


最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。