スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMができた!

2007年10月30日 20:45

   DM1

   DM2


ギャラリーA/N
東京都中央区日本橋浜町2-55-5-102
TEL&FAX 03-3664-8230
都営新宿線 浜町駅 徒歩3分 
半蔵門線 水天宮前駅 徒歩6分
日比谷線・都営浅草線 人形町駅 徒歩8分

突然ですが・・・karumianさんこと平野さんと展示会を開くことになりましたので、お知らせいたします。

ただいま展示会に向けて作品作りの真っ最中
今までは自分のためだけに作ってた物作り
不特定多数の方々に見ていただき、あるいは買っていただくなんて・・・いいのかしらん
これが今の正直な気持ちなんです~
あまり新しいことはせず、今まで作った事あるものを中心にしました
また、あくまで「自分の欲しい」にこだわりました

当日にむけて頑張ります
どうぞ覗きにきてね
よろしくお願いいたします。

karumianさんは自宅に藍瓶をお持ちの本格的な染色作家さんです。
彼女らしさが現れている染めは、とても印象的です
彼女とワタシのコラボ作品でである半巾帯も出展します(染めは彼女、仕立はワタシ)
将来は浴衣~キモノへの物作りを夢見てます

ワタシの出品内容は和物雑貨とゆうかキモノ小物ですね
あんまり可愛くないものが多いです(ワタシらしさ?)
バッグ・羽織紐・首巻・半巾帯・ツーウェイ帯etc・・・・
どれもこれも花柄一切無しの男前風とゆうかドン臭いもの(笑)
そんなのが欲しかったとゆうかた是非おこしくださいませ
まぁ渋可愛いものも少しあります(汗)



スポンサーサイト

伊勢木綿

2007年10月27日 08:16

               伊勢木綿


伊勢木綿といえば、京都のSOU・SOUさんやOMOの森田さんがキモノや服などを作って話題の素材

もともと短い短繊維で織られているのでシワがよりにくいとか
夏意外の着用OKなら1反ぐらいもっていたい

そんな矢先、日本橋三越さんで三重展なるものが開催
三重県でも1軒しかない伊勢木綿の織元・臼田織物さんが出店されてました
しかも伊勢木綿の反物30本が30%引き
聞けば映画・椿三十郎に伊勢木綿が衣装として使われているそうです

で買ってしまった~
柔らかく、しかも腰があり、縫いやすそう
洗えば洗うほどいい色になっていくそうです
真冬でもホカホカしてきそうな木綿キモノになりそう

あぁ~まっさらの反物をかったの何年振りかな~

工房からの風

2007年10月25日 08:10

                  工房からの風


20日(土)にちょ?さんとsakaeさんと工房からの風に行ってきました
場所は千葉県本八幡にあるニッケコルトンプラザ屋外会場
ここニッケコルトンプラザ(ショッピングセンター)が建てられる前はニッケ織物の工場跡地だったそうな・・・
そこにニッケ鎮守の守なるものがございまして、おりひめ様が祭られておりました
織物工場ならではの神様が大切に祭られてるのが、興味深かった

40歳以下の若手作家に限定しての手づくり市&ワークショップ
やはり若手ならではのさわやかな作品が多かった
ワタシが気に入ったお店はdipsum(皮鞄)と石川悦子さん のハンコかな
dipsumで手に取った丸いショルダーは世界地図のように皮がミシンでランダムにたたいてあった
帰りに通ったら売れてた~ちょっぴり残念

見てて思った
40歳って作品作りするものにとってはボーダーラインかもしれない
40すぎると、若さ・さわやかさは影を潜め自己が強くなっていく
しだいに受けねらいの作品は作れなくなる
まぁそれがアートだしね
なんで40歳なのか自分なりに解釈しました
ひがみじゃないです(笑・汗)


十月大歌舞伎@新橋演舞場

2007年10月23日 20:23

なんだかかんだと忙しい中、新橋演舞場の勘三郎さんの公演にやっとこ駆けつけた~

                  十月大歌舞伎


■俊寛

勘三郎さんの俊寛ってどんなだろう?
幸四郎さん、吉右衛門さんの俊寛はみたこある
どうも勘三郎さんがこゆうシリアスものやるって、どうも実感がわかなかった

しかし、完全に俊寛になりきった勘三郎さんが舞台にいました
先代の勘三郎の最後の舞台(残念ながら見てない)を現・勘三郎さんが演じきった
演舞場は拍手の嵐でしたよ

憎き瀬尾役を弥十郎、ホントに憎き役人を演じてた~

最後の見せ場、遠く去っていく船を見送る俊寛の姿に胸がジーンときました

■連獅子

親子3人の共演でNYでも話題となった連獅子
勘三郎・勘太郎・七之助が長~い獅子のカツラをつけてブン回します
3人の息があわないと台無し
ちょっと七之助さんがね~
もうちょっと頑張って

■人情噺文七元結

勘三郎さんが得意とする人情世話物
勘三郎が甲斐性なしの夫、扇雀がそんな夫にヘキヘキしてる女房役
これだけでも面白いに決まってる
そんな父親でもみずから吉原へ身売りして家を助けようとする一人娘を芝のぶ
そして大ベテラン芝翫さんは吉原角海老屋の女将役
芝翫さんの演技がすごかったね~
あの独特なセリフまわしに聞き惚れる
この吉原の幕だけは勘三郎さんも小さくみえた(笑)
芝翫さんの演技も見ものだったけれど着ている着物・帯・羽織った着物・半衿のコーデがお見事~
江戸好み

                     芝翫


まねてみたいな~

帰りがけに新橋演舞場で「てれすこ」の前売り券の販売をしてた
な・な・なんと手拭い付き!
getしました~おまけに弱いって(汗)

               てれすこ




今月は歌舞伎座で玉三郎&仁左衛門の「怪談・牡丹燈籠」が見たいのだが・・・行けそうにありません(泣)

歌舞伎座DEお買い物

2007年10月18日 07:33

歌舞伎座1階のお土産屋さん
狭いフロアーにお店がびっしり
葛餅屋さん、ドラ焼き屋さん、アイス屋さん、ブロマイド屋さん、佃煮屋さん、ジューススタンド、和装小物屋さん、手拭い屋さん・・・・

もう幕間のお土産フロアーはお客でごったがえしてます

いつも3階に座ってるワタシ

幕間ごとに1階に降りるのは最近つらい(汗)

だって歌舞伎座にはエスカレーターもエレベーターもないんです

だからほとんど1階には降りません

たまにはブロマイドが気になったり、甘いものがほしくなったり・・・

この日(9月)もなんとなく1階に降りていくと
月替わりの出店コーナーになんとも可愛い物達が・・・
そこには型染めされた和装小物が並んでた
配色と図案がワタシ好み
型小紋「三橋」の出店でした

                  手拭い

買った手拭いです。
握りバサミが配列してるだけなんですが、図案が可愛い
他にも2~3種の柄あり
帯・バッグ・がま口・ブックカバーの型染めも可愛い!

気になって「お店を教えてください」とたずねてみると
お店は無く、工房のみだそうです
次回の出店は10月の三越歌舞伎のときだそうです
あとでネットで知ったことでしたが、お店にいらっしゃったのは型小紋職人・三橋京子さん御自身
職人さんらしい、ひかえめなお姉さまでした

三春さんのHPはコチラ
楽天のお店はコチラ

1枚ずつの手染めなので、味わい深い仕上がり
機械染めとは一味どころか十味も違いますよ
HPのプロフィールを読むと6代目の職人さん
お嫁にきてから現在にいたる修行の日々は大変だったようです
昔ながらの型染めに彼女ならではの色だし&型の工夫がうかがえます

PS:10月・覚え書き追記しました
karumianさんの展示会情報です


あれま~

2007年10月16日 08:46

きのう歯科医院のついでに美容院へ行く

ひさびさヒットの美容院を見つけた

襟足のボサボサを解消してもらって小顔ヘアーにしてもらった(笑)

「うれしい~」

当分、ココに決めましょう!

カット中に見た雑誌に、うちにもあるものが載ってた

「ひゃぁ~懐かしい」

               砂糖壷


結婚前に買った砂糖ツボです

ここ10年ほど使ってなくて、戸棚の隅にしまいっぱなしでした

たしか会津若松のよろず屋さんで買ったと思う

あのころは今みたいに気がきいたZAKKA・SHOPなんてなくてね~

一目で気に入って、自宅用に買ったんだっけな

今でも販売されてるのを、その雑誌でみてビックリしました

その雑誌の名前は・・・・忘れてしまったのだ

たしか「暮らしの手帳の別冊11月号(発売中)」か「ふうち7号」だったような

また出してきたから、使おう!

白木がすっかり飴色になって・・・ああ月日を感じる(汗)

PS:10月覚え書き・追記しました
   asobinunoさんの展示会情報です

タイムトリップ

2007年10月14日 10:50

               麻・羽織


7日・国際フォーラム骨董市

「コレは江戸後期の羽織だったのよ」と店主が言ってた

てっきり蚊帳かと思ってたけど、広げたら紋付の羽織だった
               紋


ま~江戸時代の人達っていったいどんな格好で歩いてたのかしらん?

この目で実際に見たくなってきた

以前、ロウケツ染めの鮫小紋の紋付の着物をみたことがあった

それも江戸後期のものだと聞いた

今の江戸小紋にある鮫小紋とは存在感がまるで違ってた

そのロウケツ染めの鮫小紋といい、この麻の羽織地といい

今のキモノの尺度では推し量れない凄いものを感じる

そんな凄いものを日常着として着用していた、江戸の人達をみてみたい

ただの縞の木綿キモノさえ手織りの味わいある布だったのだろう

ああ~江戸時代に行ってみたい!

江戸時代トリップ・ツアーなんてあったら海外旅行よりも面白いだろうな

こんなんないかな~

セルロイド

2007年10月12日 08:06

                  セルロイド


7日・国際フォーラム骨董市

ピカピカの1年生だったころ使ってた筆箱はこんなセルロイドだった

こんな下敷きもあったな~

お裁縫箱にもセルロイド製のものがありましたね

セルロイド自体がそんな丈夫な素材じゃなかったのか、すぐに壊れた

母親の鏡台にもセルロイドの白粉入れがあったような・・・

なんだか懐かしい気持ちになって、買ってしまった

ところでセルロイドの原料って何だか知ってました?

しらべてみたら、紙や木を原料ととする物質に樟脳(しょうのう)をまぜたものとか

自然界にも分解しやすいところから、また注目をあつめているようです

まさにロハス物質ですな~


PS:10月覚え書きにキモノ関連イベント追記しました


2007年10月10日 08:40

                  キーホルダー

7日・国際フォーラム骨董市

床いっぱいにキーホルダーをおいてるお店で、呼ばれてしまった

ヨーロッパってが意匠化されたものが多いと思う

小物を入れるお皿だったり、アクセサリーをかける物だったり・・・

手の形をしたブローチ、重し、バインダーの止め具エトセトラ

日本には絶対にない意匠だと思う

何故なんだろう?

あらためて考えてみると、手首がポンとその辺においてあるってどうゆうの?

そんなところからヨーロッパをながめてみるのも面白い

これはイタリアの手袋メーカーが作ったノベルティー

手の部分はプラスティック


象牙だったらいいのにな~(それじゃぁ買えなくなりますが)

ジョイント部分は皮製

けっこう凝ってるデザインにひかれてしまった

やっと、出来上がったポーチのファスナーヘッドにいいかな~

暑い!けど味覚は秋

2007年10月06日 10:16

もう10月だとゆうのにTシャツ1枚いられる・・・

日中の日差しの暑いことったら~

しかし味覚だけは秋冬物先行

秋刀魚に梨に栗、葡萄そしてもうじき柿が食べれるかな

毎年この時期になると気になるのがコレ

               味噌煮込みうどn


味噌煮込みウドンです

最初はsakaeさん のBLOGで紹介されてるのをみて注文

美味しかった~

で、今年もきになってネットをのぞくと
「中日ドラゴンズ・クライマックス進出決定ありがとうセール・送料無料!」と書いてあるじゃないですか~それも1800-!

で、さっそく注文しちゃいました(別に中日ファンじゃないです)

マイ土鍋をセットして
これに茹でたホウレン草、下仁田ネギ、卵、焼いたお餅をいれるといいですよ~

主婦のお昼ご飯に最適です~

う~んしかしこの陽気・・・ちょっと早かったかな(ムム)


覚え書き・10月

2007年10月04日 07:38

遠山記念館
 邸宅の二階を特別公開
 10/13(土)・11/4(日)
 11:00~15:00
 非公開の二階の洋間と座敷を上記の日時に限って公開
 700-

特別展 インド・大地の布
 日本民藝館
 2007・10/3~12/20
 10:00~17:00
 1000-
 期間中第2,3水曜日&土曜日は邸宅公開

■10月大歌舞伎・昼の部   錦秋演舞場祭り
 新橋演舞場
 2007・10/2~10/26
 一、俊寛・・・・・・・・・勘三郎・勘太郎・七之助・亀蔵・彌十郎・扇雀
 二、連獅子・・・・・・・・勘三郎・勘太郎・七之助・亀蔵・彌十郎
 三、人情噺文七元結・・・・勘三郎・扇雀・勘太郎・芝のぶ・亀蔵・彌十郎・芝翫

■芸術祭10月大歌舞伎・夜の部
 歌舞伎座
 一、怪談 牡丹灯篭・・・・仁左衛門・三津五郎・玉三郎
 二、奴道成寺・・・・・・・三津五郎

工房からの風 
 10/20(土)21(日)
 10:00~16:30
 くわしくはコチラ

■日本インドネシア国交50周年記念特別企画
 「インドネシア更紗のすべて-伝統と融合の芸術-」
 後期:9/4~10/21
 町田市立博物館

大徳川展 
 東京国立博物館
 10/10~12/2
 9:30~17:00(金曜20:00まで)
 月曜・休
 1500-

 東洋館アジアンギャラリー
 インド・東南アジアの染織
 おもにイカット陳列中

(12日・追記しました)
■銀座「きもの」市
 10/24~29
 松屋銀座8F大催場
 
臼井織物(株)伊勢木綿展示販売 
 日本橋三越
 10/16~26
 
■リサイクル着物市・売り尽くしセール
 ギャラリーうふふ 
 10/4~13
 10:30~17:00
 「うふふ」裏の「アトリエ川野」にて開催

■favarite2 山川澄代の服
 2007・10/25~30
 11:30~6:00
 はるり衣裙 
 asobinunoさん服、素敵ですよ~

■秋の風に誘われて
 -あい染め・古民具と花・陶展ー
 2007・10/19~31
 休・・・21、25、28
 11:00~18:30(最終日~16:30)
 ギャラリー&サロンみなと
 上尾市本町3-8-18
 
 karumianさん の藍染作品が展示されてます

スッキリして!

2007年10月02日 08:05

                  ペットボトル


いあや~コノ夏は長かった

やっとこ夏物をしまえる

毎年大活躍のラフィアの帽子(もう20年つかってる)

来年もよろしくね

さて、出先のコンビニで買ったペットボトル

日本にはないデザインですな~

小さいステッカーを見るとニュージーランドのワイウェラのミネラルウォーター

なんてシンプルなボトルなんだろう

日本のペットボトルって凸凹しすぎだと思う

どうせリサイクルになる運命なんだから・・・

下請けの会社が苦労してる日本の社会構造が見える

なんとからないの?

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。