スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々さんのセール

2008年07月30日 23:49

昨日は歯医者さんの予約日

先日の抜歯あとをどうするか?

インプラント、ブリッジ、入れ歯

3者択一せよとの御達し

先生は盛んにインプラントをおすすめしてくる

う~~~~ん、悩むべくもなく入れ歯かブリッジです(汗)

田舎の墓の修理もしなくちゃならないし、風呂場の給湯器の調子が悪いし、我が家は余裕ありません

隣の診察台にはやはり抜歯したオバアちゃんが、これまた大きな声で
「先生のいいようにして!インプラントでもなんでもいいわよ」だって、しかも2本もだって

そんな人もいるんですね~世の中どうなってるんだか

ワタシは小声でいいましたとも「入れ歯かブリッジでお願いします」と・・・・・

                 うつわ

帰り道、日々さんでセール開催中なのを思い出して寄ってみた

ぽってりした形が気に入った中鉢

おひたし、きんぴら、切干大根などなど盛りたい
スポンサーサイト

懐かしい味

2008年07月28日 08:43

                   梅干

ご近所さんから、帰省のお土産をいただいた

彼女は青森県出身

あけてみると赤シソにくるまれた赤紫色の梅干し(梅漬け)でした

「こっちの梅干と違うから食べつけないかもしれないけど・・・・」と言っておられました

一口食べてビックリ

これって昔の梅干の味なんです

塩と赤シソだけの梅干しなのに、酸っぱすぎず塩辛すぎず

そうそうコノ味

ワタシが小学生低学年頃までは梅干といえばコノ味でした

ところがいつのころからか、紀州産のダシがきいた塩だけでない味付けの梅干にかわってしまった

頭ではすっかり忘れてた

味覚の記憶は消えないんですね~

なんだか嬉しくなってしまいました

塩らっきょう

2008年07月25日 23:49

この季節になると食べたくなるものの一つ

そ・れ・は~塩らっきょう

                   塩らっきょう
     
甘酢漬けのほうは、そんなに好きじゃない

冷たい塩らっきょうをポリポリ食べながら、冷酒をクイっと

もうたまんないっす(汗)

歯医者の帰りに「野良」の店先で泥付きらっきょうを見つけたので買って帰る(自然食品屋)

泥を落として、薄皮・芽・根をとり塩でもんで唐辛子とダシ昆布の薄切りを入れて冷蔵庫で5日間おく

ああ~楽しみ♪

駅前商店街の力

2008年07月23日 22:21

              ロックミシン

25年近くつかってるロックミシンがこわれた

自分の服、子供の服、仕事でも、大活躍でした

モーターは動いているのに針は動かない

「あれ~おかしいな~」と思いながらアッチコッチにミシンオイルをさしてみたがダメ

じつは母も同じものをもっていて、去年だったかやはり調子がわるくなり大手生地屋のミシン売り場に相談すると、部品がないので修理できないと言われたそうだ。

で、母は泣く泣く新商品の衣縫人に買い替えたのだ

「針目が前のロックミシンのほうが綺麗だった」と母はもらしていた

ひょっとして、ウチも買い替えか・・・・新商品のロックミシンをチェックすると~~~~高い!買えない(泣)

インターネットで、同じ機種がオークションに出てないか・・・・出てたけど落札できなかった(汗)

同じものを求めてる人がいるんですね~

あ~~どうしよう仕事で使うしな~と悩んでました

そんなときに思いだした

あのさびれた駅前シャッター通りに、これまたさびれた(失礼)ミシン屋さんがあることを

店頭にはほこりをかぶったミシンやら、昔のポスターがはられてる、大丈夫か?

ロックミシンをもって訪ねてみると奥から70代ぐらいのご主人が・・・・

「直りますか?」とたずねると、「直るよ」と即答

「へ~ホントですか?」なんて言ってしまったワタシ

よくよく聞いてみると法律では、販売して8年以上たったものには「部品が無い」と言っていいそうだ

「大手は販売に力をいれて修理は二の次、だから修理ばかりがウチにくるんだよね」と

大手メーカーの部品は必ずあるそうです

これはミシンに限ったことじゃなくて電化製品にも言えるそうだ

お話を聞いているうちに、年老いたご主人の横顔にコノ道50年のミシン職人さんらしい輝きが・・・・

ご近所の布団屋さん といい、このミシン屋さんといい商店街は人材の宝庫に見えてきた

みなさん、大きなショッピングセンターなんてやめて地元商店街を見直しましょう!

無事なおって戻ってきたロックミシンは「え~!」と思うほどなめらかなに縫いごこちで、ほれぼれ

よかった~


ひとりよがり

2008年07月21日 20:32

              ひとりよがり

図書館から、予約してた本が用意されましたとメールがあったので受け取りに行く

坂田氏の「ひとりよがりのものさし」である

受け取ってみてビックリ

大きくてハードカバーじゃないですか~~まるで美術書みたい

もっと素朴な作りの本だと思ってた

「へ~意外だな」と思いつつページをめくる

骨董や道具の写真の横には、坂田氏のエッセイがつづられている

文章が旨い!面白いのなんのって・・・・

画像にそえた布、前に骨董市で買った新古品のショールです

売れないのかダンボールのなかには同じものがイッパイ投げ込まれていた

お店の女性も「これ絹なんだけどもね~売れないのよ」

肌触りといい、にぶい光沢といい、軽さといい申し分ない

実用本位のデザインで、ヤヤやぼったい

このヤヤやぼってのがワタシ好み(汗)

お値段もワンコインでいいとゆうのでお買い上げ(驚き!)

たぶんタッサーシルクだと思うよ

自分なりのひとりよがりのものさしで買い物してみました(なんていつもそっか~笑)

古本

2008年07月18日 21:04

              古本

昔の縫い物関係の本を見るのが好きです

出版年月日をみると昭和12~15年ぐらいのものが多い

戦前ですね

モンペやらワラのお布団の作り方までてます

物が少ない時代なのか紙質も良くなく、ビリじゃなくパリっと破けやすい

一番古いものでが昭和5年なんてのがある

おそらく日本が一番おだやかだった時代なのかな?

紙も上質

この時代、庶民はキモノだし本だって簡単に手に入る時代じゃなかったと思う

おそらくお金持ちの家の奥様のための本だったのかもしれない

              製図1

              製図2

おおざっぱな製図だけど、見てると洋服が出来そうですよ

画像をクイックすると大きい画像がみれます


きょうは買い物に出かけて、レジで財布がないことに気が付く(汗)

1年に1度必ずやらかすポカになってしまった(暑さのせいにしておこう)

とおまわり人生

2008年07月16日 08:19

                  まわりみち

図書館の書棚で、たまたま目についた文庫

「まわりみち」・・・・・まるでワタシだわ(汗)

ニュースで夜の10時ごろに2歳の子がマンションから転落死する事件を見た

父親は仕事、母親はパチンコに行ってたそうな・・・・

自分は子育てしてたころは、自分がしたいことを我慢してたな

赤ん坊が昼ね中に縫い物がしたくてミシンをふむと、すぐに目をさましちゃって大泣き

抱っこして寝かしつけて、お布団に寝かせると、また泣き出す

団地の6畳間で延々と2~3時間、抱っこしたままの昼下がり

そんな日が何日も続く

そのとき決意しました

ワタシの時間、すべてをオマエにささげようと(ちょっとおおげさ?)

月日は流れ今、ようやく自分の時間が作れるようになった

気が付けば、子持ちだろうと自己実現しているたくましき女性がイッパイ

ちょっとアセリにも似た感情が・・・

でも本を読み終えたら

「とおまわり」と思えた日々も何か意味があるのなら無駄ではなかったのかも、と思える

ウンウンきっとよかったのだよ

図書館通い

2008年07月14日 08:34

骨董を見るのは大好き

知識なんて無いんですが・・・見てるとホッとします

骨董市でも美術館でも、「自分の好き」を基準としてみてるだけ

                   日本民藝館へいこう


コノ本のなかで坂田和實氏が、日本民藝館の品物の中からベスト22を選ぶ

坂田氏といえば目白にある骨董坂田のご主人(10年前から知ってるけど、まだ行ったことがない)

自分が実際に生活の中で使うとしたらの基準で22点を選んだそうだ

布も陶器も無地ものが多いものを選んでる

それに対して現代の宋悦?みたいな尾久影三氏がケチをつけながらも
「坂田さんらしいセレクトだし、新しい眼の革命家」とたたえていた

そう、雑誌やなんかで見るかぎり坂田氏の世界はボロ雑巾のような布であったり、錆びた針金、朽ちかけてる器だったり・・・・・

最近は坂田氏の影響を受けた骨董店、ギャラリー、雑誌、作家さんが増えた(称して坂田チルドレンとゆうらしい)

ワタシも少なからず影響を受けている一人です

ひとりよがりのものさしひとりよがりのものさし
(2003/11)
坂田 和実

商品詳細を見る


坂田氏の本、読んでみようかな

そして涼しくなったら(笑)千葉にある坂田氏の古道具美術館as it isに出かけてみたい

お悩み解決

2008年07月12日 17:42

ハンバーグを作るとき、ナツメッグを必ず入れる

3人分のひき肉に大匙1杯ぐらい入れる

え~こんなに入れるの?!と最初は思いましたが、ある料理研究家の受け売り

ぐっとプロの味に近くなる

しかし、大匙1杯ほどのナツメッグを測るのが難しい

ビンの口が小さくでスプーンが入らない
入るのは耳かきみたい匙だけ~
面倒なんで、ビンごと振ったらドバっとでてしまった(汗)

先月行ったはるりKINUMOで、こんなの見つけた

              匙

フォルムに惚れて買ったけど、以外に使えるヤツでした

ほら、ラクラク入ってタップリすくえます

                   匙1


作家さんの名前を確認するのを忘れてしまった

はるりKINUMOさん、

移転されてから、とても入りやすくなりました~

                   はるりKINUMO


またリメイク

2008年07月10日 22:32

以前に京都の骨董市で買った、洗い張りしたキモノ地

市では巻いて紐でしばって300-の値札がついていた

絹×綿の楊柳で単衣のキモノにぴったりな布だ

仕立てしなおして着てみようと、紐を解くと・・・・・

なんと衿・オクミが無いのだ

ようするに身頃と袖しかないのだ!が~ん

しょうがないので服をつくりました

ちょっとイッセイ風?かな

                   楊柳

インドの夏の布展@日々

2008年07月08日 08:24

                   DM

日々さんで行われているインドの夏の布展

今回は主催者・我妻さんのギャラリートーク(お茶菓子付き)に参加させていただく

インドに行った事ない私には「へ~」「ホ~」の連呼(汗)

なにより小柄で華奢そうな我妻さんが、ひとりでインド奥地へ行ってることに驚かされる

お店もなんにもない村で「こんな布を作ってるところはないか?」と訪ね歩き、人の良さげなオジサンのスクーターの後にのせてもらう話なんぞにはビックリ(国が違えば怖いコト)

そんな足であつめた布は、どれもこれも欲しいものばかり~~~~~

               コモノ入れ

今回は欲しかったカンタの小物入れにした

本当はカンタショールが欲しいけれど高いのだ

                   カンタ

画像のように3ミリぐらいの針目でびっしりと手で刺し子してある布のことをカンタとゆう

インドの女性はサリーなどの布を着れなくなったら、2枚3枚と重ねて刺し子をする

2枚3枚重なったサリーは、それはそれは素敵なショールやシーツに変身する

日本も着用不可のキモノを、羽織やチャンチャンコ、最後はハタキにして使う習慣があった

最後まで布を大事に使ってるのは万国共通ですね

ご一緒したおばきょんさんは買った麻布に型染めをするそうな・・・・どんなか楽しみ

上質なリネンがとってもお買い得価格(1000円/メートル)です

インドの夏の布展は9日までです。ぜひお出かけを。

思考ベクトルが・・・

2008年07月06日 21:48

             21ー21

頂いたチケット、よく見たら今日が最終日!

「大変、行かなくちゃ~」と行ってきました

どちらかとゆうと思考ベクトルがはるか昔に向いているワタシ(汗)

たまにはこんなモダンアートを見たほうがいいのかも

でもよくわからなかった

入場料1000-なんて高いな~(ワタシは無料でしたが・・・)

HPはコチラ


              7人の侍


帰り道、地下鉄のホームにはってあったポスター

七人の侍だって

カッコいい!

衣装がいい!

きっと衣装デザインはワダエミだと思う、ウン絶対そうだ!

やっぱり思考回路がはるか昔なんだわ~

エココロ

2008年07月05日 07:23

ecocolo (エココロ) 2008年 08月号 [雑誌]ecocolo (エココロ) 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/06/20)
不明

商品詳細を見る


本屋さんで立ち読みしました

樹木希林さんとYOUさんが表紙を飾ってたので手にとってみる

とくに希林さんが着てる古着のようなワンピが気になった

希林さん×YOUさんの対談を読んでみたら

30年前に結婚したころにロスやNYに行ってた夫が「土産だ!」と言ってズタ袋いっぱいに古着を買ってきてくれたのを、ずっと残しておいたものだそうだ

なんか内田裕也らしい話だな~

この写真じゃわかりにくいけれど、黒のスパッツはいてる(今どきのコーデになってる)

無理が無いし、なんかいい感じ

希林さんだからなのかな~

7月・覚え書き

2008年07月03日 07:42

                   大蒜入れ


今月の覚え書きは無し!アハハ

なにが苦手って、それは

7~8月は暑いので、家に篭る予定です(汗)

集中して、やってしまいたい事もあるしね

毎月の覚え書きを楽しみにしてる方、ごめんね~

追記:県内出没予定あり(笑)


リメイク

2008年07月01日 07:48

今日から値上げラッシュらしいですね~
給料が下がってる我が家には、きつい仕打ちだ
ガソリン、電気、、ガス、サラダオイル、マヨネーズ、航空運賃etc・・・・・・・・・・
車は乗らない、電気ガスは節約、油無し料理、マヨなんか使うか!、飛行機なんか乗るか!(怒)
洋服も着ないキモノをリメイクだ!

                   チャンチャンコ

着なかった夏羽織の袖をはずしてチャンチャンコに
羽織物好きなワタシは、夏でも涼しげな紗の羽織姿なぞに憧れる
でも現実は暑いのだ!
で、袖をはずして肩幅を調整して、マチを太くしてリメイクしてみました

                   キモノ日記6月

こんなの着て表を歩くのおかしい?かな~
そんなときお茶の先生からお誘いが~~~
ここでランチしてきました

                         栄

ここ栄さん、外観も中も昔の蕎麦屋のよう
洋食ランチ(1050-)はいけました
画像は取り忘れました(汗)

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。