スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆帰省・その6

2009年08月16日 23:22

高速乗り放題1000-で帰ってきました

ほんと1000-って家計に助かりますが・・・・

渋滞にまきこまれると、半世紀組には疲れのもとかも

今日はグータラ寝て過ごす

              コロッケ&メンチ


夕飯は昨日の上杉神社横で出店で買った米沢牛入りコロッケ&メンチを・・・・

これが、旨い!

肉の旨みがギュっと詰まってました

さて明日はパートだ!

頑張らねば~~~~






スポンサーサイト

お盆帰省・その5

2009年08月15日 23:29

お盆行事が終わって、ようやく自分達の時間を取り戻す

結婚していらい○○年、お盆が終わらないと自分の夏が始まらない

なんだか落ち着かないんです




さてさて、やってきた米沢

以前から来てみたかった処

TV「天地人」の影響で観光客が多かった

                   上杉神社

                   カネタン・兜

              天地人博

上杉神社にある宝物殿では、あの直江兼続のの兜と鎧が展示されてました

謙信がかぶった白の絹の被り物、景勝や兼続が朝鮮からもらった衣服さえ残されていて驚いた

上杉家は新潟の春日山→会津→米沢と政権が変わるたびに引越しを余儀なくされたので

いろいろな物の管理状態がよかったのかな

上杉家の幕末ころの子孫、上杉鷹山(ようざん)も文武両道を唱えた人らしく興味深い

「成せばなる何事も」の人です



                   米沢民藝館

                   米沢民藝館

そして行きたかった米沢民藝館へ

館長である山村さんが展示について説明してくれた

館内は古代布や資料などが豊富に展示してある

古代布について話をしていたら、ワタシの田舎bagに関心をよせてくれた(汗)

会話もワタシの浅い古代布の知識にそれなりに合わせてくれてたようだ(汗)


               牛や


米沢民藝館の近くに牛や を見つけた

ここは牛肉屋さんじゃないですよ

帆布でつくったbagが売りのお店

帆布を使ったbagでは京都の信三郎帆布店が有名だが、
ここ牛やの帆布は染色後に蝋で防水処理をして、
その後何度も洗いを繰り返して色落ちを防ぐ処理をしてるそうです

だからか帆布の質感が、とてもいい感じ



米沢は静かな街

きっと夏が終わると、ちょっと寂しいかも

見どころが沢山あるし、食べ物も美味しいので勿体無い

米沢牛のお店や飲食店が軒をつらねていました

上杉謙信好き、直江兼続好き、古代布好き、牛肉好きのかたにお勧めの街

まだまだ居たかったけれど、帰りの高速の混雑が気になり帰途につきました




お盆帰省・その4

2009年08月14日 23:19

                   はまなす


今日は村のお坊さんがお経を読みに来てくださる

お坊さんは大忙し

村中のお宅をまわるんですね

世間話も早々にお帰りになった

その後、義父の兄弟が入れ替わり立ち代り線香を上げにやってくる

はぁ~これが終わってやっとこ嫁の仕事が終わる

本当は16日の送り盆までしなくちゃならないんですが・・・・そんなことしてられない

送り盆のときもワラの束の火をつけて
「爺さ婆さ、この光にのって、どうぞお帰りください」と歌うんですよ

ご先祖さまゴメンナサイ

午後には実家をあとにする

向かったさきは米沢






お盆帰省・その3

2009年08月13日 23:36

              仏壇飾り

                   お供えお膳

朝からアチコチへ買出しに

お仏壇のお供えやら、お膳の材料やら、夜の宴会料理の材料やらを買い集める

庭やら畑からも調達する

上の画像2枚はご仏壇の飾り

浜茄子の実、そうめん、お麩、果物、砂糖菓子などに糸をとおして吊り下げます

下の画像は仏様用お供え膳

20㎝×20㎝のミニミニお膳です

お赤飯、大根、人参、厚揚げ、蒟蒻、インゲンなどの煮物と漬物と味噌汁

お箸はお赤飯に立てて刺します


義母は元気なころは、これらの準備を楽しげにやってた

ワタシはこれらのお盆行事をチャンと教わったわけではなく、記憶をたよりに見よう見まね

だから、ちょっと違うかも・・・


夕方ころ、旦那の兄弟達がそれぞれの家族をともなってやってきた

甥っ子、姪っ子たちも小さい家族をともなってやってくるので総勢15人

丘の上にある祖先の墓参りを全員でする

義母が元気なころは、ワラの束に火をつけて「爺さ婆さ、この光に乗ってどうぞ家さ入れ」と歌ってた

ワタシは歌えないので省略(汗)

お料理やらお酒やらジュースやら、たくさん用意したけど足りたんだろうか?

宴も終わって、ほっとするまもなく一人で片付け

「誰か手伝えよ!」と叫びたくなる

この地域の特色なのか、こうゆう仕事は嫁の領域なのか?誰も手伝うことが無い

冠婚葬祭も嫁の席は無いんですよ

葬式は今でも家でするので、嫁は席などで飲んだり食べたりする暇がないせいか席が無い!

初めて、これを知ったときはショックでしたよ
嫁にたいしての扱いが最低な地域だと・・・・
だから、離婚も多い
あたりまえです!

それでも、甥っ子の嫁さんの一人がイロイロ気遣ってくれた
あなたも関東生まれだよね
若いのに気が付く人で助かった
ありがとう!
おかげさまで今年も無事に迎え盆を終わらすことができました











お盆帰省・その2

2009年08月12日 23:36

                   草刈り

明日の迎え盆のために、家周り、墓周りの草取りをする

いつもならこのトロッコに20杯ほどの草木を運ばなければならなくて、けっこう重労働

蛇(まむし)やら虫も沢山いる

しかし今回は隣近所の農家さんが刈っておいてくれたので、少しですんだ

そう、こんな山奥では助け合っていかなければ、とてもやっていけない

助け合いの精神が根付いているのだ








でもお土産、忘れちゃった(汗)




疲れたので早めに御就寝

お盆帰省・その1

2009年08月11日 23:21

                   車窓

東北自動車道、北上中

1000円ではないので深夜割引&通勤時間帯割引などを利用する





途中、鳴子温泉峡にて休憩タイム

鳴子の観光アピールはこけし

こけし資料館などもあります

お土産屋さんで見つけたこけしグッズ

                   こけしマッチ

                   ストラップ

                   こけしブローチ




街中で、こんな看板をたくさん置いてるお店を発見

いったい何屋なのか?

                   昔の看板

              昔の看板

まだまだ、アチコチ見たかったが・・・・先を急がねば







最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。