スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お座布プロジェクト

2011年03月27日 07:11

直やさんが被災地復興支援の一環として、こんなプロジェクトを立ち上げました

ワタシもお手伝いしたいと思います

詳しい内容は直やさんのBLOGへ~→

               お座布プロジェクト



地震から思うように管理画面までたどりつけません。

待機中~待機中~待機中~待機中~。。。。。イラ”(我が家は光にしてません)

詳しい内容をココでもご紹介したいのですが・・・・繋がりにくいです

多くの方がネットで水を購入しようとしているから?らしい

飲み水を確保しても炊事・洗濯の水はどうするの?

ワタシは水道水をガブガブ飲みます!

赤ちゃんは別ですよ

無駄なアクセスは極力に控えたいと思います








スポンサーサイト

東日本大地震

2011年03月16日 15:07

3月11日 14時46分

そのときワタシは新宿ルミネの地下にある雑貨屋さんにいました

なんだかユラユラゆっくりした揺れ

そのうちユレが大きくなってきて店内のガラス器が落ちる音が・・・

女性の悲鳴が聞こえたと同時にエスカレーターを駆け上がる人達が何人か

地震がきたとき地上より地下のほうが安全と何かで聞いていたので

とりあえず近くに太い柱にしがみつく(今かんがえるとルミネって古いビルだったね)

ユレは長く「ひょっとして関東大震災?ワタシもこれまでか???かくご~」と思いましたよホントに

ユレがおさまって、はやく帰ろうと思い、ちょうど駅ホームにとまっていた電車に飛び込む

ほどなく2度目の大きなユレがやってきた

これはもう尋常ではない!たいへんな事がおこってる!どうしよう?

車内放送がはいり

「内閣首総の災害本部が立ち・・お客様は新宿駅からでて新宿御苑に非難・・運行再開見通しはありません・・」

え~新宿御苑?あそこまで歩いていく途中で何か落ちてきたらヤダな」なんて思いながら地上へでると

新宿駅前広場は人で埋め尽くされていました

人がたくさんいるところではパニックが怖いので、なるべく人がいないほうへ歩く

歩きながら震源地は?震度は?と情報がまるで入ってこないのには不安になりました

とりあえずは隣駅にある実家にむかって歩く

途中、歌舞伎町を通り抜け、韓国料理街をぬける頃には店先のTVやらで震源地や震度を知ることができた

実家のドアをあけると不安な表情の母が・・・見るとコートを着て、手には避難用バッグが・・・

ワタシの顔を見るなり「あ~よかった。でもなんでココにいるの?」と、(カクカクシカジカ)

家になかに散らばったモノを片づけ、その後はTVのニュースに釘付け

被災された方々には、ほんとうに何んと言葉をかけてよいやら・・・

はやく行方不明の方が見つかる事、そしてはやく支援物資がとどくといいですね。

ワタシ達は計画節電やら買いだめしないで募金に協力するのが精一杯

仕事で東北地方への商品発送の仕分けをしていますが・・・・

道路渋滞やガソリン不足でトラックが立ち往生してるようです

それにしても、あの買いだめはナンなの?

小さい子供がいらっしゃる家はともかく、恥ずかしいと思わないのか?

それもパンとかカップラーメンが真っ先に無くなるなんて・・・・

ワタシは毎日、仕事帰りにスーパーを覗いてますが野采や肉・魚など少しですがあるので助かってます

ぜいたく言わなければ何とかなりますって



それと今回はじめて痛感したこと

携帯電話のワンセグ機能

外出中で情報がほしいとき、ワンセグのTV情報は早くて安心です

若い人達はいち早く情報をつかんでいて、ビックリしましたっけ

まだ一度も使ったことがないワンセグ機能、この機会に使いこなします!

充電切れ、メールや電話が通じにくいこともありましたが、やはり持っていたほうが安心です

それから、首都圏の都市ガス機能

これだけの地震があったのにもかかわらず火災が少なかったって凄いことだと思いました






その夜は実家で眠れない一夜を過ごす

翌日になれば電車は動くだろう・・・

だが動かなかったのだ!

またまた帰るのに一苦労(汗)

もう当分は外出は控えたほうがいいですね


心配してメールくださった方、ありがとうございます

みな無事にすごしてますのでご安心ください











何年振り????

2011年03月02日 22:44

おひなさま

ただいま、断捨離作業真っ最中

若いころ、いらない物つかってない物きらいな物はポイポイ捨てれたのに

気がついたら、捨てられない自分になってました

そんなモノあんなモノが部屋の一角を陣取って、気が着くと一部屋まるごと占領されてました

どうにかしなくちゃと思いつつも、どうしていいのか解らず手が付けられなかった・・・

そもそも考え方が間違ってました

整理・収納の本などを参考にして収納をふやそうか・・・なんて考えてましたが

そんなことじゃないってことが、ようやくわかってきました

いま、いらない物つかってない物きらいな物をポイポイ捨てられる自分に戻れました

裁ち残しの布、もらい物アレコレ、自分で縫ったもはや流行遅れの服、読まない本、紙類などなど

何でこんなもの、とってあるの?とその存在理由がわからんモノまで・・・

週2回の燃えるゴミの日が、楽しみでしょうがいないって・・・なんなんでしょう!





そして、ようやく日の目をみることができたお雛様(汗)

長いあいだ、暗い押入れに入れっぱなしでゴメンネ~










断捨離作業、当分続きそうです(汗)


          ちらし

明日はまた残業だと思うので、本日にひなまつりメニューを作りました





はまってます

2011年03月02日 22:34

「韓流ドラマなんて、見る人の気がしれない」

なんて思ってたのに

なんと韓国の時代劇にはまってしまった(汗)



                    チュモン

とくにこの「朱蒙チュモン」が面白い!

時代は紀元前100年ほど前

高句麗と言えば、歴史の時間に少し聞きかじったことがあるでしょう?

そうバラバラだった部族を統一して高句麗を作った朱蒙とゆう人のお話

部族同士の戦いはもちろんだけど、駆け引きやら恋愛やらドラマの展開が楽しみ

この時代の衣装やら建築物を見るのも面白い

日本は弥生時代だったらしいが、韓国のほうが時代をリードしてた様子がわかります




          ソドンヨ


そしてもう1つは

薯童謡ソドンヨウ」

こちらは紀元後の百済(クダラ)の国のお話

百済も歴史の教科書に1行くらい書いてあったので覚えている人がいるでしょう

日本との交易もあったみたいです(日本は飛鳥時代)

北に高句麗、西に新羅とゆう国があり、つねに国境付近では紛争が絶えなかったようです

百済の王の跡継ぎ問題で、王子が暗殺されてしまったりと国勢が不安定

そんななか、王の子供でありながらその身分を知らされずに育ったソドンとゆう人がドラマの主人公

朱蒙よりは歴史が新しい分、着るものも違ってきて面白い

以前、見たヌピ(韓国の綿入れ)を着てる時代だ


もともと子供のころからNHK大河ドラマ好き

いまでゆうなら歴史少女?歴女?上杉謙信がお気に入りでした(汗)

韓国歴史ドラマにはまるのも自然な流れなのかな?

「朱蒙」も「ソドンヨ」どちらも面白く、2つの話がゴッチャになってしまう(汗)ことも・・・・


でも止められそうにもありません





「朱蒙」は日曜、テレビ東京で11:30~放映中ただいま63話

「薯童謡」は水曜、埼玉TVで11:30放映中ただいま31話







最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。