FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

契丹

2012年07月14日 21:32

契丹ってなんだか知ってますか?

ワタシも韓流歴史ドラマにはまるまでは知らなかった!

千秋太后



さいたまTV、水曜10:30~から放映されている「千秋太后」

まじめに作った歴史モノって感じで、ドラマ展開が面白くないのだが・・・

韓国の歴史を知るには見ておいたほうがいい

西暦900年ごろのお話です

そのころの韓国は高句麗・百済・新羅の3国が統一されて高麗とゆう国になってます

このドラマはその高麗の太后の勇ましきお話

女だてらに鎧姿、ばしばし敵をなぎ倒し、しかも美人!

その高麗のすぐ上に契丹(今。モンゴル)とゆう国がありました

当時、高麗は度重なる契丹からの攻撃・弾圧に苦慮していた

当時の契丹の勢力は強大で中国の領土は小さかった!(画像参照)

          契丹3


そしてその契丹の支配者が6代皇帝の妃・章聖皇太后

6代皇帝が早く亡くなって、幼い次期皇帝の後見人として権力をにぎっている

とても残虐・高慢な女性なのだが、敵であっても使える人間は殺さない

充分な報酬と地位をあたえ、契丹の戦力にしている

寂しい未亡人なんてのは、彼女にはあてはまらない

彼女は征服した中国(宋)の高官を愛人して、そばに置いている

しかもとても愛し慈しんでいる

見てると最初は嫌な女だと思うのだが、見てるうちに

「そうだよね。国を守っていくには残虐さもこの時代には必要だよね。飴と鞭の使い分けがうまい!」

「支配者としての辛い使命を貫いてるよな~」

なんて感心してきちゃうから不思議

ドラマの主役・千秋太后も1度は捕虜になりボロボロになるが

「彼女のように、強くならなくては高麗を守れない」と心を入れ替え

王である兄を退け、幼い息子の後継人として権力を振るう女帝に変身!!

そんな契丹の凄い女性って、どんな方?と思えるでしょ?

今回、東京芸術大学で「契丹」の展示があることを聞き、是非に見たくなりました

     契丹1



今から1000年以上も前のものなのに、

保存状態がよかったのと盗掘を免れたのもあって、けっこうなものが見れました

ただ会場の照明が暗く、細かな装飾・模様・色がよく見れなかった

あとで図録をみたら、とても鮮明に模様がうつっていた

図録、買っておけばよかったかな

たぶん、契丹に感心がある人なんていないと思うけど

そんな国があって、そんな女帝がいた・・・と思うだけでも

歴史ロマン???


契丹 草原の王朝 美しき3人のプリンセスHP・・・・http://www.tbs.co/kittantokyo/












スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iroriniatarou2006.blog55.fc2.com/tb.php/709-57984ac2
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。